代表京都的和菓子(wagashi)「八ツ橋(yatsuhashi)」 Typical Japanese sweets in Kyoto

八つ橋:yatsuhashi

生八つ橋:namayatsuhashi

米粉・砂糖・シナモン(肉桂:cinnamon)を混ぜて蒸した生地を、薄く伸ばして焼き上げた京都のお菓子です。

生地を焼いた場合は八つ橋と言います。写真のお菓子は焼いていないので生八つ橋と呼ばれています。

日本人は旅行に行った際にこのような地域の特色が表現されたお菓子を買って、「先日の休日はこのような場所に旅行に行ってきました」と会社や学校で周囲の人に報告して喜びを共有する傾向があります。

和菓子はやはり緑茶と相性が良いと思いますが、色んなお茶と甘さが調和されます。あなたの頭が疲れた時に少し休息を与えることができるかもしれません。


这是一种京都甜食,是通过将米粉,糖和肉桂混合后蒸熟的面团薄薄地拉伸和烘烤而成。

当面团被烘烤时,它被称为八桥(yatsuhashi)。照片中的糖果未烘烤,因此被称为 生八桥(namayatsuhashi)。

在旅行中,日本人倾向于购买具有该地区特色的糖果,然后将其分发给工作场所或学校周围的人,并报告他们那天去了那里。

我认为日本甜点与绿茶搭配得很好,但是各种茶和甜味是和谐的。头部疲劳时,您也许可以休息一下。

A Kyoto sweet made by steaming a mixture of rice flour, sugar, and cinnamon (cinnamon), stretching it thinly, and baking it.

When the dough is baked, it is called Yatsuhashi. The sweets in the photo are not baked, so they are called raw Yatsuhashi.

During travel, Japanese tend to buy sweets that are characteristic of the region, then distribute them to people around the workplace or school, and report that they went there that day.

I think Japanese desserts go well with green tea, but the various teas and sweetness are harmonious. When your head is tired, you may be able to take a break.