【チベット医学】Tibetan medicine
藏 医药:Zàng yīyào
藏医药是中国医学宝库中一颗璀璨的明珠。 世世代代的生活在雪域高原的藏族人民在与自然和各种疾病进行斗争中,积累了治疗各种疾病的经验,形成了独具特色的藏医药学体系,涌现了许多医学贤圣,丰富了藏医理论,同时又由于历史和社会的原因也出现了发展极其缓慢的局面,直到本世纪下半叶又有了长足的进步。
2006年藏医药被国务院列入第一批国家级非物质文化遗产名录。

チベット医学は、中国医学の優れたです。雪に覆われた高原に何世代にもわたって住んできたチベット人は、自然や様々な病気との闘いの中で様々な病気を治療した経験を積み重ね、独自のチベット医学システムを形成し、多くの医療賢人が現れました。 チベット医学の理論もまた、歴史的および社会的理由により非常にゆっくりと発展してきました。それは今世紀の後半までかなりの進歩を遂げました。
2006年に、チベット医学は州議会によって国の第一無形文化遺産リストに含まれました。

Tibetan medicine
Tibetan medicine is a shining pearl in the treasure house of Chinese medicine. The Tibetan people who have lived on the snow-covered plateau for generations have accumulated experience in treating various diseases in the struggle against nature and various diseases, forming a unique Tibetan medicine system, and many medical sages have emerged. The theory of Tibetan medicine has also been developed extremely slowly due to historical and social reasons. It has made considerable progress until the second half of this century.
In 2006, Tibetan medicine was included in the first batch of national intangible cultural heritage lists by the State Council.