河北省:Héběi shěng
剪纸艺术:Jiǎnzhǐ yìshù
2006年5月20日,剪纸艺术遗产经国务院批准列入第一批国家级非物质文化遗产名录。2007年6月5日,经国家文化部确定,河北省蔚县的王老赏大弟子周兆明为该文化遗产项目代表性传承人,并被列入第一批国家级非物质文化遗产项目226名代表性传承人名单。2007年6月8日,上海市李守白剪纸大师工作室获得国家文化部颁布的首届文化遗产日奖。
剪纸,又叫刻纸,窗花或剪画。区别在创作时,有的用剪子,有的用刻刀,虽然工具有别,但创作出来的艺术作品基本相同,人们统称为剪纸。
剪纸从色彩上分,有单色剪纸和套色剪纸。用一种颜色的剪纸刻出来的作品就叫单色剪纸,它如同版画中的单色木刻一样,是最常用的一种形式,这类作品显得十分朴素大方。而套色剪纸则是用不同颜色的剪纸刻出来的作品,这种形式并不常用,但是看起来生动形象。

2006年5月20日、紙でカットされた芸術遺産は、国の第一無形文化遺産リストに含まれることが州議会によって承認されました。 2007年6月5日、文化省の決定により、河北省 蔚县(héběi shěng   wèi xiàn)の中国の民俗芸術家である周兆明(zhōuzhàomíng)は、文化遺産プロジェクトの代表的な伝承者であり、226の国家無形文化遺産プロジェクトの最初の代表的な継承者のリストの最初の候補者に選ばれました。 2007年6月8日、上海市の李守白(lǐshǒubái)の剪纸大师工作室(ペーパーカッティングマスタースタジオ:jiǎnzhǐ dàshī gōngzuò shì)は、文化省が発行した最初の文化遺産デー賞を受賞しました。
剪纸(ペーパーカット:Jiǎnzhǐ)は、刻纸(kè zhǐ)、窗花(ウィンドウグリル:chuānghuā)、または剪画(ピクチャーカット:jiǎnhuà)とも呼ばれます。作り方の違いは、はさみを使うものとナイフを使うものがあり、道具は違いますが、作られる芸術作品は基本的に同じで、総称して剪纸(Jiǎnzhǐ)と呼ばれています。
紙の裁断は、モノクロの紙の裁断と色分けの紙の裁断を含む色に分けられます。ペーパーカットの色で彫られた作品は单色剪纸(モノクロペーパーカット:Dān sè jiǎnzhǐ)と呼ばれ、プリントのモノクロウッドカットと同様に、最も一般的に使用されている形式です。このタイプの作品は非常にシンプルで寛大です。套色剪纸(クロマチックペーパーカット:tàoshǎi jiǎnzhǐ)は、色違いのペーパーカットを彫った作品で、あまり使われていませんが、鮮やかに見えます。

Paper-cut art
On May 20, 2006, the paper-cut art heritage was approved by the State Council to be included in the first batch of national intangible cultural heritage lists. On June 5, 2007, as determined by the Ministry of Culture, Zhou Zhaoming, a disciple of Wang Laoshang in Yu County, Hebei Province, was the representative inheritor of the cultural heritage project and was included in the first batch of 226 national intangible cultural heritage projects List of representative inheritors. On June 8, 2007, Shanghai Li Shoubai's paper-cut master studio won the first Cultural Heritage Day Award issued by the Ministry of Culture.
Paper-cutting is also called paper-cutting, window grilles or picture-cutting. The difference is in creation, some use scissors and some use a knife. Although the tools are different, the artistic works created are basically the same, and people collectively call it paper-cutting.
Paper-cutting is divided into colors, including monochrome paper-cutting and color-coding paper-cutting. A work carved out of a color of paper-cutting is called a monochrome paper-cutting. Like the monochrome woodcuts in prints, it is the most commonly used form. This type of work is very simple and generous. The chromatic paper-cuts are works carved out of paper-cuts of different colors. This form is not commonly used, but it looks vivid.