景德镇:Jǐngdézhèn
景德镇手工制瓷工艺在汇集全中国各地名窑技艺的基础上形成自己的特色,并自成体系。其行业分工之细,专业化强度之高是其他手工行业所无法比拟的。
御窑厂的生产组织分工相当完备,具备了制坯行业的各种作坊:有舂碓陶土的作坊,有制作大小圆、琢器坯胎的作坊,有制匣钵的作坊,还有各种辅助性的作坊,如泥水作、大木作,船木作,铁作等。许多局部操作大都由专业性很强的工匠担任。同时将烧、做两行集中在厂内,设御窑若干座,形成了一个门类齐全,无所不及的大型手工作坊。
景德镇流传下来的传统手工成型工艺如手捏成型,是成型中较基本的成型方法,同时也是一种最为历史古老的制瓷成型法。这样的成型方法是需要匠师们严谨而又不失随意性的发挥,手法上力度上的掌控,和对整体结构的手下把握都是需要长期经验的累积。在现代陶艺中常可看见这种古老成型方法的运用,当然陶艺手捏成型已融入多种元素的造型手法和各类手制工具的使用,从而呈现出更加富有现代人文精神思想的艺术作品,例如泥人的捏造,建筑物的成型等。
传统的泥条盘筑成型贵为自然与艺术的结合,这种自然透露出来的艺术美是其自身所散发的固有的艺术美属性,正如自然界的动、植物本来所特有的自身美的特性一样。

景德镇(Jǐngdézhèn)の手作りの磁器職人技は、中国全土から有名な窯焼き職人が集まり独自の個性を形成し、独自の特徴を形成しています。細かな分業と高度な専門化は、他の手動産業では比類のないものです。
インペリアルキルンファクトリー(帝国窯工場)には、完全な生産組織と分業があり、磁器の素材業界では、陶器の粘土のワークショップ、円柱形の押出用塊を作るためのワークショップ、彫刻や磨きのワークショップなど、さまざまなワークショップがあります。泥や水、大型木工、ボート木工、鉄工など、さまざまな補助工房もあります。多くの地元の事業は、ほとんどが非常に専門的な職人によって行われています。同時に、焼きと製造の2つのラインが工場に集中し、いくつかの帝国の窯が設置され、あらゆる種類の完全な範囲の大規模な手工芸品のワークショップを形成しています。
景德镇(Jǐngdézhèn)から受け継がれてきた手捏ね成形などの伝統的な手成形法は、成形の基本的な成形方法であり、最も古い磁器成形法でもあります。このような成形方法は、職人の厳格かつ恣意的なパフォーマンスが必要であり、技術の強さの制御と全体的な構造の習得には、長年の経験の蓄積が必要です。この古代の成形方法の使用は、現代のセラミックアートでよく見られます。もちろん、セラミックハンドニーディングには、さまざまな要素モデリング技術とさまざまな手作りツールの使用が組み込まれているため、次のようなより現代的な人間主義的な精神的アイデアを備えた芸術作品が提示されます。粘土の置物の製作、建物の成形など。
伝統的な粘土棒は、自然と芸術の組み合わせとして作られています。自然によって明らかにされる芸術的な美しさは、自然界の動植物の自然な美しさと同じように、その固有の芸術的な美しさです。

Jingdezhen's hand-made porcelain craftsmanship forms its own characteristics based on the collection of famous kiln skills from all over China, and forms its own system. The fine division of labor and the high intensity of specialization are unmatched by other manual industries.
The imperial kiln factory has a complete production organization and division of labor, with various workshops in the billet industry: workshops for pounding pottery clay, workshops for making round and round pieces, and workshops for making saggers. Auxiliary workshops, such as muddy water, big wood, boat wood, iron, etc. Many local operations are mostly performed by highly professional craftsmen. At the same time, the two lines of burning and making are concentrated in the factory, and several imperial kilns are set up, forming a large-scale handicraft workshop with a complete range of all kinds.
The traditional manual molding process handed down from Jingdezhen, such as hand-kneading molding, is a relatively basic molding method in molding, and it is also the oldest porcelain molding method. This kind of molding method requires the rigorous and arbitrary performance of the craftsmen. The control of the strength of the technique and the mastery of the overall structure require the accumulation of long-term experience. The use of this ancient molding method can often be seen in modern ceramic art. Of course, ceramic hand kneading has incorporated a variety of elemental modeling techniques and the use of various hand-made tools, thus presenting works of art with more modern humanistic spiritual ideas, such as The fabrication of clay figurines, the shaping of buildings, etc.
The traditional clay sticks are built as a combination of nature and art. The artistic beauty revealed by nature is its inherent artistic beauty, just like the natural beauty of animals and plants in nature.