陕西省:Shǎnxī shěng
华山(華山):Huàshān
(五岳之西岳华山)
华山,古称“西岳”,雅称“太华山”,为五岳之一,位于陕西省渭南市华阴市,在省会西安以东120千米处。南接秦岭,北瞰黄渭,自古以来就有“奇险天下第一山”的说法。 
中华之“华”源于华山,由此,华山有了“华夏之根”之称 。华山是道教主流全真派圣地,为“第四洞天”,也是中国民间广泛崇奉的神祇,即西岳华山君神。共有72个半悬空洞,道观20余座,其中玉泉院、都龙庙、东道院、镇岳宫被列为全国重点道教宫观,有陈抟、郝大通、贺元希等著名的道教高人。
1982年,华山被国务院颁布为首批国家级风景名胜区。2004年,华山被评为中华十大名山。 2011年,华山被国家旅游局评为国家AAAAA级旅游景区。

古くは「西越」、優雅に「大華山」として知られる华山は、五大山のひとつで、県都西安から東に120キロ離れた沙安西省魏南市華陰市にあります。 南は秦嶺山脈、北は黄偉に隣接しており、古くから「世界で最も危険な山」と言われてきました。
中国の「华」は华山に由来し、その結果、华山は「中国のルーツ」という名前になりました。 华山はタオイズムの主流クアンツェン派の聖地であり、「天国の第四の洞窟」であり、中国人、すなわち华山の神に広く崇拝されている神でもあります。 72の半吊り洞窟と20以上のタオイスト寺院があり、その中にはユクアンユアン、ドゥロン寺院、ドンダオユアン、ジェンユエ宮殿が国の主要なタオイスト寺院としてリストされています。チェントゥアン、ハオダトン、ヘユアンシーなどの有名なタオイスト寺院があります。 人。
1982年に、華山は国の景勝地の最初のバッチとして州議会によって公布されました。 2004年、華山は中国で有名な山のトップ10の1つとして評価されました。 2011年、華山は国家観光局によって全国的なAAAAA観光名所として評価されました。

Huashan, formerly known as "Xiyue" and elegantly known as "Taihua Mountain", is one of the five mountains. It is located in Huayin City, Weinan City, Shaanxi Province, 120 kilometers east of the provincial capital Xi'an. Adjacent to the Qinling Mountains to the south and Huangwei to the north, it has been said that "the most dangerous mountain in the world" since ancient times.
The "Hua" of China originated from Mount Hua, and as a result, Mount Hua has the name "Root of China". Huashan is the sacred place of Taoism's mainstream Quanzhen sect. It is the "fourth cave of heaven". There are 72 semi-suspended caves and more than 20 Taoist temples. Among them, Yuquanyuan, Dulong Temple, Dongdaoyuan, and Zhenyue Palace are listed as national key Taoist temples. There are famous Taoist temples such as Chen Tuan, Hao Datong, He Yuanxi, etc. people.
In 1982, Huashan was promulgated by the State Council as the first batch of national scenic spots. In 2004, Mount Hua was rated as one of the top ten famous mountains in China. In 2011, Huashan was rated as a national AAAAA tourist attraction by the National Tourism Administration.