(南京市)中国でも唯一無二の南京金箔職人技
南京金箔锻制技艺
南京金箔锻制技艺是南京地方传统手工技艺,国家级非物质文化遗产,有“中华一绝”之称。南京金箔工艺始于东晋,至今已经有一千六百多年的历史。南朝当时的文献中已有生产金银箔的记载。元朝时,开始大量生产金箔,到了明清,更有进一步的发展。新中国成立后,南京金箔得到迅猛发展,远销世界各国。
2006年5月20日,南京金箔锻制技艺经中华人民共和国国务院批准列入第一批国家级非物质文化遗产名录,项目编号:Ⅷ-36。

南京金箔鍛造技術
南京金葉鍛造技術は、国の無形文化遺産である南京の地元の伝統的な手工芸技術であり、「中国で唯一の」として知られています。 南京金箔の職人技は東金王朝に始まり、1600年以上の歴史があります。 南王朝の文書には、金と銀の箔の製造の記録があります。 元王朝の間に金箔の大量生産が始まり、明王朝と清王朝ではさらなる発展がありました。 中華人民共和国の建国後、南京ゴールドフォイルは急速に発展し、世界中の国々に販売されました。
2006年5月20日、南京金葉鍛造技術は、中華人民共和国の国家評議会によって、国の無形文化遺産リストの最初のバッチ、アイテム番号:Ⅷ-36に含まれることが承認されました。

Nanjing Gold Foil Forging Technology
Nanjing gold leaf forging technique is a local traditional handicraft in Nanjing, a national intangible cultural heritage, and is known as "One of the Unique in China". Nanjing gold foil craftsmanship began in the Eastern Jin Dynasty and has a history of more than 1,600 years. There are records of the production of gold and silver foil in the documents of the Southern Dynasty. During the Yuan Dynasty, large-scale production of gold leaf began, and further development in the Ming and Qing Dynasties. After the founding of the People's Republic of China, Nanjing Gold Foil developed rapidly and was sold to countries all over the world.
On May 20, 2006, Nanjing gold leaf forging technique was approved by the State Council of the People's Republic of China to be included in the first batch of national intangible cultural heritage list, item number: Ⅷ-36.