重庆火锅(Chóngqìng Huǒguō)
重庆火锅:Chóngqìng Huǒguō
重庆(重慶市):Chóngqìng
到了重庆,不吃地道的重庆火锅可太遗憾了!重庆的火锅店星罗棋布,味道各具特色,随便走进一家,你都能大饱口福。
我也很喜欢吃火锅。瞧,那锅里鲜红的汤中漂着密密麻麻的花椒、辣椒……看着都令人生畏,可终究忍不住尝一口,夹上一块毛肚,放进锅里,大约几十秒钟,再从锅里夹起,毛肚已经沾满了油水,还滴着汤水,看起来仿佛还发着光,放到油碟里拌一拌,再吃一口,真是又香又脆,又麻又辣。这一尝,让你深深地爱上重庆火锅,爱上重庆这座火辣的城市。
重庆火锅集麻、辣、鲜、香于一体,也许你被辣得张不开嘴,但是你会觉得辣得痛快,会有一种前所未有的快感,会感受到重庆人的豪放,感受到重庆人的爽快,感受到重庆人的“霸道”,感受到重庆人的热情,还想再尝一口,越吃越香,慢慢地就会对重庆火锅爱不释手。禁不住感慨:重庆火锅怎么会有这么大的魔力呢?重庆盛夏高温三、四十度,店里热得像烘房,而火锅生意依然红火,火锅仍然大行其道。人们还是围着那麻辣的火锅吃个不停,一个个汗流浃背,对火锅的渴望却丝毫没有减弱,有的甚至上衣一脱,赤膊上阵。望着那被烧开的红汤,冒着气泡的红汤,想必很多人难以理解,却又深深地感受到重庆火锅的魅力。是的,重庆火锅充满阳刚之气,那气势犹如大江东去,这更体现了重庆人的豪放呀!

重庆(重慶市)に到着したときに本物の重庆火锅(チョンチンホットポット)を食べないのは残念です!重庆(重慶市)にはたくさんの鍋料理店があり、それぞれに独特の味があり、そこに足を踏み入れるとそれを楽しむことができます。
私も火鍋が好きです。ほら、あの鍋の真っ赤なスープに中国の山椒(花椒)と唐辛子が密集して浮かんでいる…気が遠くなるように見えるけど、でもやっぱり味でも結局味わわずにはいられなかった、センマイを挟み、数十秒くらい鍋に入れて取り出します。センマイはすでに油と水で覆われていて、その滴るスープはまだ光沢があるように見えます、それを油皿に入れて混ぜて、そしてもう一度一口食べてください、それは本当に香りがよく、サクサクしていて、熱くてスパイシーです。この味はあなたを重庆火锅(チョンチンホットポット)と暑い街に恋をさせるでしょう
重庆火锅(チョンチンホットポット)は、麻、スパイシー、フレッシュ、そして香りの組み合わせです。 暑すぎて口を開けられないかもしれませんが、とても暑く感じるでしょう。今までにない喜びがあります。重庆(重慶市)の大胆さ、重庆(重慶市)の爽快感、重庆(重慶市)の「支配」、重庆(重慶市)の熱意を感じ、また味わいたいです。
食べれば食べるほど香りが増し、ゆっくりと重庆(重慶市)の鍋に恋をします。感じずにはいられない:重庆火锅(チョンチンホットポット)はどうしてこんなに大きな魔法の力を持つことができるのでしょうか?重庆(重慶市)の真夏の高温は30度か40度で、店はベーキングルームのようなもので、ホットポットビジネスは今も活況を呈しており、ホットポットは今でも人気があります。 まだまだスパイシーな鍋を食べて汗を流している人もいますが、鍋への欲求は少しも衰えず、シャツを脱いで上半身裸で戦う人もいます。 茹でた赤いスープと泡立つ赤いスープを見ると、多くの人にはわかりにくいかもしれませんが、重庆火锅(チョンチンホットポット)の魅力を深く感じています。 はい、重庆火锅(チョンチンホットポット)は男らしさにあふれ、その勢いは東から東へ行くようなもので、重庆(重慶市)の人々の大胆さを反映しています!