元朝历史从至元八年(1271年)蒙古族元世祖忽必烈建立元朝开始,到洪武元年(1368年)秋明太祖朱元璋北伐攻陷大都为止,元朝在全国的统治结束。前后共计98年。
元朝的前身为大蒙古国。成吉思汗元年(1206年)成吉思汗统一漠北诸部,建立大蒙古国。蒙古先后攻打西夏与金朝,并于成吉思汗二十二年(1227年)8月攻灭西夏,元太宗六年(1234年)3月攻灭金朝,完全领有华北。在西方,蒙古先后发动三次西征,使蒙古帝国称霸欧亚大陆。
元宪宗九年(1259年)元宪宗蒙哥于征伐宋战争去世后,领有汉地的四弟忽必烈与受漠北蒙古贵族拥护的七弟阿里不哥为了争夺汗位而发生战争,最后于至元元年(1264年)由忽必烈获胜。忽必烈于至元八年(1271年)改国号为“大元”,建立元朝,即元世祖。这场战争让蒙古四大汗国先后脱离与大汗忽必烈的关系,直到元成宗时期才承认元帝为大汗。至元十三年(1276年)元朝攻灭南宋,统一全中国,结束自唐末以来400多年的分裂局面。
元世祖到元武宗期间是元朝的鼎盛时期,军事上平定西北,但在征伐日本、东南亚诸国却屡次失利,其中在元日战争战败。元朝中期皇位频繁更迭,政治始终没有上轨道。元顺帝晚期,由于怠于政事、滥发纸币导致通货膨胀、为了治理泛滥的黄河又加重徭役,最后导致至正十一年(1351年)爆发元末民变。洪武元年(1368年)朱元璋建立明朝后,派徐达北伐攻陷大都。元廷退居漠北,史称北元。建文四年(1402年)元臣鬼力赤篡位建国鞑靼,北元亡。

元王朝の歴史は、元王朝の8年目(1271)に始まり、モンゴル国籍の祖先であるクブライ・カーンが元王朝を樹立し、紅武の1年目(1368)に終わり、Qiumingの大津であるZhuYuanzhangが首都の大部分を占領しました。前後合計98年。
元王朝の前身はグレートモンゴルでした。ジンギスカーンの最初の年(1206)に、ジンギスカーンはモベイ族を統一し、グレートモンゴルを設立しました。モンゴルはXixiaとJin王朝を次々と攻撃し、ジンギスカーン22年(1227)の8月にXixiaを攻撃し、Taizong皇帝6年(1234)の3月に中国北部を完全に所有するJin王朝を攻撃した。西部では、モンゴル帝国がユーラシア大陸を支配するように、モンゴルは3つの西向きの行進を続けて開始しました。
元翔三の9年目(1259年)、宋王朝の征服で元翔の孟兄弟が亡くなった後、漢の4番目の兄弟であるクブライ・カーンと、モベイ・モンゴルの貴族に支えられた7番目の兄弟のアリブが王位を争った。戦争は、元王朝の最初の年(1264)にクブライカーンによって最終的に勝ちました。元王朝8年(1271)、クブライは国名を「大元」に変更し、元王朝、元静を設立した。この戦争により、モンゴルの4つの偉大なカーナートは、クブライ・カーンとの関係から脱却することができました。ユアン皇帝が偉大なカーンとして認められたのは、成宗元の治世まででした。元王朝の13年(1276年)に、元王朝は南宋王朝を打ち負かし、中国全体を統一し、唐王朝後期からの400年の分裂を終わらせました。
元静から元武宗までは元王朝の全盛期であり、北西部は軍事的に抑圧されたが、元日戦争での敗北を含め、日本や東南アジア諸国の征服に何度も失敗した。元王朝中期に王位は頻繁に変わり、政治は決して軌道に乗らなかった。元春後期の皇帝の晩年、政治問題の怠慢により、イエローリバーの氾濫を制御するためにインフレにつながる紙幣の過剰な発行と悪化した入り江は、最終的に元の暴動の終わりである鄭正の11年目(1351)につながりました。 Hongwuの最初の年(1368)、Zhu Yuanzhangが明王朝を樹立した後、彼はXu Daを派遣して、北部遠征の首都の大部分を占領しました。元ティンはモベイに引退し、歴史上ベイユアンと呼ばれていました。 Jianwenの4年目(1402)に、Yuan Chen Gui Lichiが王位を奪ってTatarを設立し、BeiYuanが亡くなりました。

The history of the Yuan Dynasty began in the eighth year of the Yuan Dynasty (1271), when Kublai Khan, the ancestor of the Mongolian nationality, established the Yuan Dynasty, and ended in the first year of Hongwu (1368), when Zhu Yuanzhang, the Taizu of Qiuming, captured most of the capital. A total of 98 years before and after.
The predecessor of the Yuan Dynasty was the Great Mongolia. In the first year of Genghis Khan (1206), Genghis Khan unified the Mobei tribes and established the Great Mongolia. Mongolia successively attacked Xixia and the Jin Dynasty, and in August of the 22nd year of Genghis Khan (1227), they attacked Xixia, and in March of the 6th year of Emperor Taizong (1234), they attacked the Jin Dynasty, completely possessing North China. In the West, Mongolia successively launched three westward marches to make the Mongol Empire dominate the Eurasian continent.
In the 9th year of Yuan Xianzong (1259), after the death of Yuan Xianzong’s Meng brother in the conquest of the Song Dynasty, Kublai Khan, the fourth brother of Han, and the seventh brother Alibu, who was supported by the Mobei Mongolian aristocracy, fought for the throne. The war was finally won by Kublai Khan in the first year of the Yuan Dynasty (1264). In the eighth year of Yuan Dynasty (1271), Kublai changed the name of his country to “Dayuan” and established the Yuan Dynasty, the Yuan Shizu. This war allowed the four great khanates of Mongolia to break away from the relationship with Kublai Khan, and it was not until the reign of Chengzong Yuan that the Yuan Emperor was recognized as a great khan. In the thirteenth year of the Yuan Dynasty (1276), the Yuan Dynasty defeated the Southern Song Dynasty, unified the whole China, and ended the 400-year split since the late Tang Dynasty.
The period from Yuan Shizu to Yuan Wuzong was the heyday of Yuan dynasty. The northwest was suppressed militarily, but he repeatedly failed in conquering Japan and Southeast Asian countries, including defeat in the Yuan-Japanese War. The throne changed frequently in the mid-Yuan Dynasty, and politics was never on track. In the late Yuan Shun emperor’s late period, due to negligence in political affairs, excessive issuance of banknotes leading to inflation, in order to control the flooding of the Yellow River, and aggravated corvee, finally led to the eleventh year of Zhengzheng (1351), the end of the Yuan riots. In the first year of Hongwu (1368), after Zhu Yuanzhang established the Ming Dynasty, he sent Xu Da to capture most of the capital during the Northern Expedition. Yuan Ting retired to Mobei and was called Beiyuan in history. In the 4th year of Jianwen (1402) Yuan Chen Gui Lichi usurped the throne of the founding Tatar, and Bei Yuan died.