【韩非】法律家思想の代表的な人物 Han Fei
韩非:Hán fēi
(战国末期法家代表人物)
韩非(约公元前280年-公元前233年),又称韩非子,战国末期韩国新郑(今属河南)人。中国古代思想家、哲学家和散文家,法家学派代表人物。韩非是法家思想之集大成者。他将商鞅的“法”、申不害的“术”和慎到的“势”集于一身,并且将老子的辩证法、朴素唯物主义与法融为一体,为后世留下了大量言论著作。其学说一直是中国封建统治阶级治国的思想基础。韩非著有《孤愤》《五蠹》《内储说》《外储说》《说林》《说难》等文章,后人收集整理编纂成《韩非子》。韩非出身韩国宗室,约韩釐王十五年(前280年)出生于战国末期韩国的都城新郑的一个贵族之家。
韩釐王二十年(前275年),韩国难深重。韩非始读“家有之”的商、管之书和孙、吴之书,也读各类杂书。

韩桓惠王十年(前262年),秦将白起率兵攻韩,一下攻取五十城。韩国上党郡守降赵。韩国统治层开始分崩离析。在此前后,青年韩非开始上书,所谓“非见韩之削弱,数以书于韩王”(《史记·老子韩非列传》)
韩桓惠王十五年(前257年) ,韩非“数以书于韩王,韩王不能用”,这个历程约为五年。韩非愤怒于“治国不务求人任贤,反举浮淫之蠹而加之功实之上”,于是开始埋头著述。韩桓惠王十九年(前253年),荀子离开稷下后,来到楚国,春申君任命其为兰陵令,继续受徒教学。在此前后,韩非投奔荀子门下,“学帝王之术”,同学者有李斯等人。
韩王安三年(公元前235年),因秦国攻韩,韩王在危急关头召见韩非,“与韩非谋弱秦”。
韩王安五年(公元前233年),韩非子被韩王派遣出使秦国
,秦王很喜欢韩非,但还没有决定是否留用。韩非上《存韩》书,批评李斯,揭纵横家姚贾之短(姚贾曾经破赵韩燕等五国合纵,韩非上书说姚贾奔走列国是为了中饱私囊,而非为秦国出力。欲使秦王不用姚贾)。

由此得罪了李、姚二人。由于李斯提出灭六国一统天下的通天大计,而首要目标就是韩国,但作为韩国公子的韩非与李斯政见相左(韩非主张存韩灭赵),妨碍秦国统一大计,于是李斯就向秦王上疏辩驳。韩非与李斯之政见相左。韩非欲存韩,李斯欲灭韩。
因为韩非子和李斯曾经是同窗,李斯深知韩非辩才了得,担心嬴政被韩非计谋所蒙蔽,故上疏嬴政,陈述其中利害。他说:“韩非前来,未必不是认为他能够让韩留存,是重韩之利益而来。他的辩论辞藻,掩饰诈谋,是想从秦国取利,窥伺着让陛下做出对韩有利的事。”秦王认为李斯言之有理,便抓捕韩非。廷尉将其投入监狱,最后逼其服毒自杀。韩非想上书始皇帝,被拒绝。后来始皇帝后悔了,派人赦免他,但是韩非已经死了。
(戦争後期の法律家の代表)
ハンフェイジとしても知られるハンフェイ(紀元前280年から紀元前233年)は、戦争状態の終わりに韓国の新正(現在のヘナン)の出身でした。古代中国の思想家、哲学者、エッセイスト、法学部の代表。ハンフェイは合法主義の達人です。彼はシャンヤンの「法則」、シェンブフの「技術」、シェンダオの「力」を統合し、ラオジの方言、素朴な物質主義、法則を統合し、多くのスピーチと作品を後世に残しました。彼の教義は常に中国の連邦支配階級の思想的基盤でした。 韩非は、「Lonely Anger」、「Five Beetles」、「Inner Reserve」、「Outer Reserve」、「Shuolin」、「Said Difficulty」などの記事を執筆しており、後の世代によって「HanFeizi」にまとめられています。ハンフェイは韓国の一族で生まれ、ハンリ王の15年目(280年前)に韓国の首都新正の高貴な家庭で生まれました。
ハンリー王の20年目(275年前)、韓国は非常に困難でした。ハン・フェイは最初にシャンとグアンの本、サンとウーの本、そして様々な雑多な本を読みました。

ハン・ファンフイ王の10年間(262年前)、秦将軍バイキは軍隊を率いて韓国を攻撃し、一挙に50の都市を占領しました。韓国のシャンダン郡は趙を守っている。韓国の支配階級は崩壊し始めた。前後に、若いハンフェイは手紙を書き始めました、いわゆる「信仰はハンの弱体化を見て、その本をハンの王に数えます」(「歴史的記録・ラオジハンフェイ伝記」) ハン・ファンフイ王の15年目(257年前)、ハン・フェイは「ハン王に関する本に番号を付け、ハン王はそれを使用できなかった」。この旅は約5年かかった。ハン・フェイは「国のルールは誰かに良い人になることを求めるのではなく、売春とメリットに反対することだ」と怒ったので、彼は書き始めました。ハン・ファンフイ王の19年目(253年前)、XunziがJixiaを去った後、彼はChu州に来ました。ChunShenjunは彼をLanling Orderに任命し、彼の教えを続けました。前後に、ハン・フェイは「皇帝の芸術を学ぶ」ためにXunziの学校に行きました。彼のクラスメートにはLiSiなどが含まれていました。 ハン王の記念日(紀元前235年)の3年目に、秦の韓国への攻撃のために、ハン王は「ハンフェイとの弱さを求める」という重大な時期にハンフェイを召喚しました。 ハンワンアンの5年目(紀元前233年)に、ハンフェイジはハンワンによって秦州に送られました 秦王はハンフェイが大好きですが、それを維持するかどうかはまだ決めていません。ハン・フェイは「クン・ハン」という本を出版し、リー・シーを批判し、ストラテジストのヤオ・ジアの欠点を明らかにしました(ヤオ・ジアはかつて趙漢と他の5カ国を壊したことがあります。 。秦王に八尾嘉を使わないようにするため)。

これは李と八尾を怒らせた。 Li Siは6カ国を破壊し世界を統一するという壮大な計画を提案し、主なターゲットは韓国でしたが、韓国の息子である韩非とLiSiは政治的意見の不一致があり(韩非は韓国を維持し、趙を破壊することを提唱しました)、秦の統一計画を妨げたため、LiSiはQin王に尋ねましたまばらな反論について。ハン・フェイとリー・シーは政治に反対している。ハン・フェイは韓国を守りたい、リー・シーは韓国を破壊したい。 ハン・フェイジとリー・シーは同級生だったので、リー・シーはハン・フェイが討論に長けていることを知っていて、インチェンがハン・フェイの陰謀にだまされるのではないかと心配したので、彼はまばらなインチェンに行き、興味を示した。彼は次のように述べています。「ハン・フェイは、ハンを生かし続けることができると思ったからではなく、彼の利益のためにここに来ました。彼の論争的なレトリック、隠蔽詐欺は、秦州を利用して、陛下に権利を与えるために覗き見することです。ハンの好意。」秦王はリー・シーが正当化されたと考え、ハン・フェイを逮捕した。ティン・ウェイは彼を刑務所に投げ込み、ついに毒を飲んで自殺を強いた。ハンフェイは最初の皇帝に手紙を書きたかったが、拒否された。後に皇帝シは後悔し、彼を許すために誰かを送りました、


(Representative of Legalists in the Late Warring States Period) 韩非 (approximately 280 BC-233 BC), also known as Han Feizi, was a native of Xinzheng (now Henan) in South Korea at the end of the Warring States Period. Ancient Chinese thinker, philosopher and essayist, representative of the Legalist school. 韩非 is a master of legalism. He combined Shang Yang's "law", Shen Buhui's "technique" and Shen Dao's "power", and integrated Laozi's dialectics, naive materialism and law, leaving a large number of speeches and works for later generations. His doctrine has always been the ideological foundation of the Chinese feudal ruling class. 韩非 has authored articles such as "Lonely Anger", "Five Beetles", "Inner Reserve", "Outer Reserve", "Shuolin" and "Said Difficulty", which were collected and compiled by later generations into "Han Feizi". 韩非 was born in the Korean clan and was born in a noble family in Xinzheng, the capital of South Korea, in the 15th year of King Hanli (280 years ago). In the 20th year of King Han Li (275 years ago), South Korea was very difficult. 韩非 first read the books of Shang and Guan, and the books of Sun and Wu, as well as various miscellaneous books.


In the ten years of King Han Huanhui (262 years ago), Qin General Baiqi led his troops to attack Korea and captured Fifty Cities in one fell swoop. South Korea's Shangdang County guards Zhao. The Korean ruling class began to fall apart. Before and after, the young 韩非 began to write a letter, the so-called "Waiting to see the weakening of Han, count as the book to the king of Han" ("Historical Records · Lao Zi 韩非 Biography") In the fifteenth year of King Han Huanhui (257 years ago), 韩非 "numbered books on King Han, and King Han could not use it". This journey took about five years. 韩非 was angry that “the rule of the country is not to ask for someone to be a good person, but to go against the prostitution and the merits”, so he began to write. In the nineteenth year of King Han Huanhui (253 years ago), after Xunzi left Jixia, he came to Chu State. Chun Shenjun appointed him as the Lanling Order and continued his teaching. Before and after, Han Fei went to Xunzi's school to "learn the art of emperor". His classmates included Li Si and others. In the third year of King Han's Anniversary (235 BC), due to Qin's attack on Korea, King Han summoned 韩非 at a critical juncture, "to seek weakness with 韩非". In the fifth year of Han Wang'an (233 BC), Han Feizi was sent to the State of Qin by Han Wang King Qin likes 韩非 very much, but has not yet decided whether to keep it. 韩非 published the book "Cun Han", criticized Li Si, and exposed the strategist Yao Jia's shortcomings (Yao Jia once broke Zhao Hanyan and other five countries together, 韩非 wrote that Yao Jia went to the world to enrich his pockets, not to contribute to Qin . To make King Qin not use Yao Jia).


This offended Li and Yao. Since Li Si proposed the grand plan of destroying the six nations and unifying the world, and the primary target was South Korea, but 韩非, the son of South Korea, and Li Si had a political disagreement (韩非 advocated keeping Korea and destroying Zhao), hindering Qin's reunification plan, so Li Si asked King Qin On the sparse rebuttal. 韩非 and Li Si disagree in politics. 韩非 wants to keep Korea, Li Si wants to destroy Korea. Because Han Feizi and Li Si were classmates, Li Si knew that 韩非 was good at debating, and worried that Yingzheng was deceived by 韩非's plot, so he went to sparse Yingzheng and stated his interests. He said: "韩非 came here, not necessarily because he thought he could keep Han alive, but because of his interests. His argumentative rhetoric, cover up fraud, is to take advantage of Qin State, peeping to make His Majesty make a right. Han's favor." King Qin thought Li Si was justified and arrested 韩非. Ting Wei threw him into prison, and finally forced him to commit suicide by taking poison. 韩非 wanted to write to the first emperor, but was rejected. Later Emperor Shi regretted and sent someone to pardon him,