老子:Lǎozi
(中国古代思想家、哲学家、文学家和史学家)
老子,姓李名耳,字聃,一字伯阳,或曰谥伯阳,春秋末期人,生卒年不详,籍贯也多有争议。中国古代思想家、哲学家、文学家和史学家,道家学派创始人和主要代表人物,与庄子并称“老庄”。后被道教尊为始祖,称“太上老君”。在唐朝,被追认为李姓始祖。曾被列为世界文化名人,世界百位历史名人之一。老子曾担任周朝守藏室之史,以博学而闻名,孔子曾入周向他问礼。春秋末年,天下大乱,老子欲弃官归隐,遂骑青牛西行。到灵宝函谷关时,受关令尹喜之请著《道德经》。老子思想对中国哲学发展具有深刻影响,其思想核心是朴素的辩证法。在政治上,主张无为而治、不言之教。在权术上,讲究物极必反之理。在修身方面,讲究虚心实腹、不与人争的修持,是道家性命双修的始祖。

老子传世作品《道德经》(又称《老子》),是全球文字出版发行量最大的著作之一。老子大约于周灵王元年(鲁襄公二年、宋平公五年、公元前571年)出生于楚(原为陈)国苦县。据《史记·老子韩非列传》所说,老子即李耳,是楚国苦县厉乡曲仁里人。周灵王二十一年(鲁襄公二十二年、公元前551年),老子入周王室任守藏室史(管理藏书的官员)。在被推荐入周室效力之前,老子跟随常枞(商容)学习知识。
周景王十年(鲁昭公七年、公元前535年),老子因受权贵排挤,被甘简公免去守藏室史之职,出游鲁国。在鲁国巷党主持友人葬礼,孔子助葬。时孔丘17岁,问礼于老聃。

周景王十五年(鲁昭公十二年、公元前530年),老子被甘平公召回仍任守藏室之史。
周景王十九年(鲁昭公十六年、公元前526年),二十六岁的孔子适周观光,拜访老子。
周敬王四年(鲁昭公二十六年、公元前516年),老子因所管典籍被王子朝携至楚国,被罢免守藏室史一职,回故里居住。后去往秦国,确切年代不详。
周敬王十九年(鲁定公九年、公元前501年),五十一岁的孔子南至老子故里向老子问学。

(古代中国の思想家、哲学者、作家、歴史家) 李、李、エルという名の老子は「ボヤン」または「ボヤン」と呼ばれ、春と秋の終わりに生まれました。生年月日は不明で、出身地も議論の余地があります。古代中国の思想家、哲学者、作家、歴史家、タオイスト学校の創設者であり主な代表者、そして荘子は「ラオス荘」と呼ばれています。彼は後にタオイズムによって祖先として尊敬され、「偉大なラオジュン」と呼ばれました。唐王朝では、彼は李の祖先と見なされていました。かつて世界の文化的有名人としてリストされた、世界の100の歴史的な有名人の1人。 老子は、周王朝の保管室の歴史として使用され、彼の博学で知られています。Confuciusはかつて周に贈り物を求めに行きました。春と秋の期間の終わりに、世界は混乱していました、ラオジは公務を放棄したかったので、彼は西に緑の牛に乗りました。リンバオハング峠に到着したとき、司令官のイン・シジは「タオ・デ・ジン」を書くように誘った。 老子の考えは、中国の哲学の発展に大きな影響を与えており、彼の考えの核心は単純な方言です。政治では、何もせず、言葉なしで教えるというルールを提唱しています。権力戦術に関しては、物事は反対でなければなりません。自己修養の面では、謙虚さと堅実さを強調し、他の人と競争しないのは、生命と魂の両方のタオイスト栽培の祖先です。

ラオスの伝承作品「タオテジン」(別名「ラオス」)は、世界で最も広く出版されている作品のひとつです。 老子は、Zhou Lingwangの1年目(Lu Xianggongの2年目、Song Pinggongの5年目、紀元前571年)にChu郡(旧Chen)で生まれました。 「歴史的記録:老子ハンフェイの伝記」によると、ラオジはチュウ州クー郡リータウンシップのクレンリ出身のリエルです。周陵王の21年目(紀元前551年、Lu Xianggongの22年目)に、老子は歴史の守護者(本のコレクションの管理)として周王家に加わりました。 老子は、ウィークリールームでの作業を勧められる前に、Chang Cong(Shang Rong)から知識を学びました。 周景王の10年目(紀元前535年、Lu Zhaogongの7年目)に、老子は強力な者に押し出され、Gan Jiangongによってチベットの部屋の歴史を守る役職から外され、Luに旅行しました。パーティーはLuGuoxiangで友人の葬式を主催し、Confuciusは葬式を手伝いました。 Kongqiuが17歳のとき、彼はLaoTanに贈り物を求めました。

周景王の15年目(紀元前530年、Lu Zhaogongの12年目)に、ラオスはガンピン卿に呼び戻され、今でも保管室の歴史を務めていました。 周景王の19年目(紀元前526年、Lu Zhaogongの16年目)、26歳の儒教は観光に適しており、ラオスを訪れました。 周景王の4年目(紀元前516年、Lu Zhaogongの26年目)に、老子は彼の古代の本のために王子王朝によってChuに連れてこられました。それから彼は秦に行きました、正確な日付は不明です。 周景王の19年目(紀元前501年、Lu Dinggongの9年目)、51歳のConfuciusは老子から学ぶために老子の故郷に行きました。

(Ancient Chinese thinkers, philosophers, writers and historians) 老子, whose surname is Li, whose name is Er, is called "Boyang" or "Boyang". He was born in the late Spring and Autumn Period. His birth and death years are unknown, and his birthplace is also controversial. Ancient Chinese thinkers, philosophers, writers and historians, founder and main representative of the Taoist school, and Zhuangzi are called "Lao Zhuang". He was later respected as the ancestor by Taoism, and he was called "the Great Laojun." In the Tang Dynasty, he was regarded as the ancestor of Li. Once listed as a world cultural celebrity, one of the world's one hundred historical celebrities. 老子 used to serve as the history of the Zhou dynasty and is known for his erudition. Confucius once went to Zhou to ask him for gifts. At the end of the Spring and Autumn Period, the world was in chaos, 老子 wanted to abandon the officialdom, so he rode a green cow westward. When he arrived at Lingbao Hangu Pass, the commander Yin Xizhi invited to write "Tao De Jing". 老子's thought has a profound influence on the development of Chinese philosophy, and the core of his thought is simple dialectics. In politics, it advocates the rule of doing nothing and teaching without words. In terms of power, things must be the opposite. In terms of self-cultivation, it is the ancestor of Taoist cultivation of both life and soul, which emphasizes humility and solidity, and does not compete with others.

老子's handed down work "Tao Te Ching" (also known as "老子") is one of the world's most widely published works. 老子 was born in Chu County (formerly Chen) in the first year of Zhou Lingwang (the second year of Lu Xianggong, the fifth year of Song Pinggong, and 571 BC). According to "Historical Records: Biographies of 老子 Han Fei", 老子 is Li Er, a native of Qurenli, Li Township, Kuxian County, Chu State. In the 21st year of King Zhou Ling (22nd year of Lu Xianggong, 551 BC), 老子 entered the Zhou royal family as the guardian of the history (management of the book collection). Before being recommended to work in the weekly room, 老子 followed Chang Cong (Shang Rong) to learn knowledge. In the tenth year of King Zhou Jing (the seventh year of Lu Zhaogong, 535 BC), 老子 was squeezed out by the powerful, and Gan Jiangong was removed from the post of keeping the history of the Tibetan room and traveled to Lu. The party hosted the funeral of a friend in Lu Guoxiang, and Confucius assisted in the funeral. When Kongqiu was 17 years old, he asked Lao Tan for gifts.

In the fifteenth year of King Zhou Jing (12th year of Lu Zhaogong, 530 BC), 老子 was recalled by Lord Gan Ping and still served as the history of the custody room. In the 19th year of King Zhou Jing (16th year of Lu Zhaogong, 526 BC), the 26-year-old Confucius was suitable for sightseeing and visited 老子. In the fourth year of King Zhou Jing (26th year of Lu Zhaogong, 516 BC), 老子 was brought to Chu by the prince dynasty because of his ancient books. He was dismissed from the post of keeping the history of the Tibetan room and returned to his hometown. Then he went to Qin, the exact date is unknown. In the 19th year of King Zhou Jing (9th year of Lu Dinggong, 501 BC), 51-year-old Confucius went to the hometown of 老子 to learn from 老子.