【民謡】重低音が響き渡るモンゴルの歌 Mongolian song
蒙古族:Ménggǔ zú
呼麦:Hū mài
蒙古族呼麦
呼麦(图瓦语:Хөөмей;蒙古语:Хөөмий,意为“咽喉”),又称喉音唱法、双声唱法、多声唱法或浩林潮尔,是阿尔泰山周围地区诸多民族的一种歌唱方式,并非蒙古族所独有。
呼麦是阿尔泰山原住民族创造的一种神奇的歌唱艺术,早在12世纪蒙古形成民族之前就已在广袤的地域上流传:一个歌手纯粹用自己的发声器官,在同一时间里唱出两个声部。呼麦声部关系的基本结构为一个持续低音和它上面流动的旋律相结合。又可以分为“泛音呼麦”、“震音呼麦”、“复合呼麦”等。在中国各民族民歌中,它是独一无二的。

モンゴルのフマイ
フマイ(トゥヴァ:Хөөмей;モンゴル語:Хөөмий、「喉」を意味する)は、グッチュラルシンギング、2ボイスシンギング、ポリフォニックシンギング、またはHaolin Chaoerとも呼ばれ、アルタイ山脈周辺の多くの民族グループの歌です。 この方法はモンゴルの人々に固有のものではありません。
フマイはアルタイ山脈の先住民によって生み出された魔法の歌の芸術であり、モンゴルが12世紀に国を形成する前に、広大な地域で広まりました。歌手は純粋に自分の声の器官を使って2つを同時に歌います。 ボイス。 フマイの声の関係の基本的な構造は、連続した低音とその上の流れるメロディーの組み合わせです。 さらに「FanyinHumai」、「Trembling Humai」、「CompoundHumai」などに分類できます。 中国の民謡の中でもユニークです。

Mongolian Humai
Humai (Tuva: Хөөмей; Mongolian: Хөөмий, meaning "throat"), also known as guttural singing, double-voicing, polyphonic singing or Haolin Chaoer, is a singing of many ethnic groups in the area around the Altai Mountains The method is not unique to the Mongolian people.
Humai is a magical singing art created by the aboriginal peoples of Altai Mountains. It has been circulated in a vast area before Mongolia formed a nation in the 12th century: a singer purely uses his own vocal organ to sing two at the same time. Voice. The basic structure of the Humai voice relationship is a combination of a continuous bass and a flowing melody above it. It can be further divided into "Fanyin Humai", "Trembling Humai", "Compound Humai", etc. It is unique among Chinese folk songs.