【李悝】農業生産向上のための制度を考案した戦国時代の政治家 Li Li
李悝:Lǐ kuī
(前455—前395年),又名李克,战国时期法家代表人物,战国初期魏都安邑(今山西夏县)人 。曾任魏文侯相,主持变法。经济上推行“尽地力”和“善平籴”的政策,鼓励农民精耕细作,增强产量,国家在丰年以平价购买余粮,荒年以平价售出,以平粮价;主张同时播种多种粮食作物,以防灾荒。政治上实行法治,废除维护贵族特权的世卿世禄制度,奖励有功国家的人,使魏国成为战国初期强国之一。他汇集当时各国法律编成《法经》,是我国古代第一部比较完整的法典,现已失传。其“重农”与“法治”结合的思想对商鞅、韩非影响极大。偃姓,李氏,名悝,一作克。战国初期魏国著名政治家、法学家。法家重要代表人物,魏都安邑(今山西夏县)人。曾任魏文侯相,主持变法。有的古书中还将李克写成“里克”,或讹作“李兑”、“季充”。

李悝为魏文侯到武侯时人,曾受业于子夏弟子曾申门下,作过中山相和上地守。上地在河西,故李悝经常和秦人交锋作战。李悝变法在魏国走上富强之路过程曾做出很大贡献,是中国变法之始,随后楚国吴起变法、秦国商鞅变法,都在发展着李悝的变法实践,在中国历史上产生了深远的影响。
李悝变法有成之后,建议魏文侯走上扩张之路,首选目标是西边的秦国。魏文侯二十七年(公元前419年),魏国西渡黄河在少梁(今陕西韩城西南)筑城,建造进攻秦国的军事据点。西进过程中,遭遇了秦军的有力抵御。

这时,李悝和大夫翟璜向魏文侯推荐了吴起,吴起被任命为魏军攻击秦国的主将。魏文侯三十三年(公元前413年),吴起率领魏军在河西战场战胜秦军,冲破秦军西河防线。随后,吴起直扑秦国进入渭河平原的咽喉要地郑(陕西华县),秦国举国震惊。随后,吴起指挥渡河的魏军陆续占领了王城(今陕西大荔)、合阳(今陕西合阳东南)、阴晋(今陕西华县东)等城。吴起向北还夺取了戎狄少数民族的大片土地,魏文侯在此设置了上郡(今陕西境内洛河以东,黄河以北,子长以南)。魏国又占领了陕(今河南三门峡西),控制了西方与中原交通的黄金通道。自此,魏国将秦国压制在洛水以西长达八十年。

(紀元前455年-紀元前395年)、戦争状態初期のWeidu Anyi(現在のXia郡、Shanxi)の出身である戦争状態期間中の法律家の代表であるLiKeとしても知られています。改革を主宰するWeiWenhouXiangを務めた。経済的には「最善を尽くす」「平準化」の方針が推進され、農民は集中的に栽培して増産することが奨励され、国は余剰穀物を収穫期に適正価格で購入し、飢餓期に適正価格で販売する。飢餓を防ぐため。政治的には、法のルールが実施され、貴族の特権を保護していたShiqing Shiluシステムが廃止され、功績のある国の人々が報われ、Wei州は戦争初期の強力な国の1つになりました。彼は当時の国の法律を「LawSutra」にまとめました。これは古代中国で最初の比較的完全なコードでしたが、現在は失われています。 「農業の強調」と「法のルール」を組み合わせるという彼の考えは、シャンヤンとハンフェイに大きな影響を与えました。ヤンの姓、リーの名前、および彼の名は、すべて1つの理由によるものです。ウォーリングステートの初期には、ウェイは有名な政治家および法学者でした。 WeiduのAnyi(現在はShanxiのXia郡)からの合法主義の重要な代表。改革を主宰するWeiWenhouXiangを務めた。いくつかの古代の本では、Li Keは「Rick」、「李悝」、「JiChong」とも書かれていました。


李悝は、Wei WenhouからWuhouに生まれ、Zixiaの弟子Zengshenの学校に通い、ZhongshanXiangとShangdiShouを務めました。 ShangdiはHexiにいたので、李悝はしばしばQinの人々と戦いました。 李悝の改革は、Weiが繁栄と権力への道を歩む過程に大きく貢献しました。それは中国の改革の始まりでした。その後、Chu州のWuqi改革とQin州のShangyang改革はすべて李悝の改革慣行を発展させました。中国の歴史の中でそれは大きな影響を及ぼしました。 李悝の改革が成功した後、彼はWeiWenhouが拡張の道に着手することを提案しました。最初のターゲットは西の秦州です。魏文法(紀元前419年)の27年目に、魏国は黄色い川を西に渡り、秦を攻撃するための軍事拠点を建設するために少嶺(現在は楊城の南西)に都市を建設しました。西向きの行進の間に、秦軍は強い抵抗に遭遇しました。


この時、李悝と趙黄医師は魏文法に呉チーを推薦し、魏軍の秦州への攻撃の主任司令官に呉チーが任命された。魏文法の33年(紀元前413年)に、呉毅は魏軍を率いて秦軍を楊戦場で打ち負かし、秦軍の西河防衛線を突破した。その後、呉チーは秦州の喉の要所である鄭(華西華郡)に直行し、全国に衝撃を与えた。その後、ウー・チーは魏軍に川を渡るように命じ、王城(現在はダリ、シャーンシー)、ヘイヤン(現在はヘイヤン、シャーンシーの南東)、インジン(現在は華仙、シャーンシーの東)などの都市を占領した。ウーチーはまた、ロンディ民族グループから北に広大な土地を占領し、ウェイウェンホウはここにシャンジュンを設立しました(シャーンシーのルオ川の東、イエローリバーの北、ジチャンの南)。魏はまた、シャーン(現在はサンメンシアの西、ヘナン)を占領し、西と中央平原の間の黄金の通路を支配しました。それ以来、魏州は羅水井西部の秦州を80年間抑圧してきました。

(455 BC—395 BC), 李悝, the representative of the Warring States period legalist, and the early Wei capital An-eup (Xia County Imayama) in the early Warring States period. Mr. Wei Wen, Minister of Wen, the main change method. Economical promotion "Exhaustion power" sum "Good peace" policy, inspiring and cultivating fine-grained crops, increased production, nation's resident year and above, graduation, graduation, graduation, graduation, grading, cultivating Since then, it is rough. Political practice Rechtsstaat, Privilege of peerage, Privilege of peerage system, Encouragement and meritorious national person, Wei nation, Early nation of the nation. At the time of the gathering of others, the law compilation of each country << law economy >>, the comparatively complete code of the ancient part 1 of the country, and the current loss. Its "Physiocracy" and "Rule of Law" concatenated thought Shang Yang, Han Fei maximal. His surname, Mr. Lee, Naetsu, Ichisakukatsu. Early Wei country prominent politician and legal scholar. An important representative of the legalist, Wei capital An-eup (Xia County Imayama). Mr. Wei Wen, Minister of Wen, the main change method. 李悝, a secondhand book, "李悝", or "Li Dui", "Kimitsu".

李悝 was born when Wei Wenhou came to Wuhou. He had been under the school of Zixia's disciple Zengshen, and served as Zhongshan Xiang and Shangdi Shou. Shangdi was in Hexi, so 李悝 often fought against the Qin people. 李悝’s reform made a great contribution to the process of Wei’s embarking on the road to prosperity. It was the beginning of China’s reform. Afterwards, the Chu State Wuqi Reform and the Qin State Shangyang Reform all developed 李悝’s reform practice. In Chinese history It had a profound impact. After 李悝’s reforms were successful, he suggested that Wei Wenhou should embark on the road of expansion, with the first target being the Qin State in the west. In the twenty-seventh year of Wei Wenhou (419 BC), Wei Guo crossed the Yellow River west to build a city in Shaoliang (now southwest of Hancheng, Shaanxi) to build a military base for attacking Qin. During the westward march, the Qin army encountered strong resistance.


At this time, 李悝 and doctor Zhai Huang recommended Wu Qi to Wei Wenhou, and Wu Qi was appointed as the main commander of the Wei army's attack on the State of Qin. In the thirty-third year of Wei Wenhou (413 BC), Wu Qi led the Wei army to defeat the Qin army in the Hexi battlefield and broke through the Qin army's Xihe line of defense. Afterwards, Wu Qi rushed directly to Zheng (Hua County, Shaanxi), the key point of Qin State's throat, and Qin State was shocked. Subsequently, Wu Qi commanded the Wei army to cross the river and successively occupied Wangcheng (now Dali, Shaanxi), Heyang (now southeast of Heyang, Shaanxi), Yinjin (now east of Huaxian, Shaanxi) and other cities. Wu Qi also seized large tracts of land from the Rongdi ethnic group to the north. Wei Wenhou set up Shangjun here (to the east of the Luo River in Shaanxi, to the north of the Yellow River, and to the south of Zichang). Wei also occupied Shaan (now the west of Sanmenxia, ​​Henan) and controlled the golden passage of traffic between the West and the Central Plains. Since then, Wei State suppressed the State of Qin in the west of Luoshui for 80 years.