【クンクオペラ】昆曲(Kūnqǔ)Opera

昆曲

昆曲是现存的中国最古老的剧种之一,起源于明代(公元14—17世纪)。昆曲的唱腔具有很强的艺术性,对中国近代的所有戏剧剧种,如川剧、京剧都有着巨大的影响。昆曲表演包括唱、念、做、打、舞等,这些内容亦是培训京剧演员的基本科目。昆腔及其戏剧结构(旦、丑、生等角色)亦被其他剧种所借鉴。《牡丹亭》、《长生殿》成为传统的保留剧目。昆曲表演用锣鼓、弦索及笛、箫、笙、琵琶等管弦和打击乐器伴奏。昆曲的舞蹈动作主要分作两类,具有丰富的表现力。

クンクオペラ Kunqu Operaは、中国で最も古いオペラの種類の1つであり、明王朝(14〜17世紀)に始まりました。 クンクオペラの歌唱は芸術性が高く、四川オペラや北京オペラなど、現代中国のあらゆるドラマに大きな影響を与えています。 クンクのオペラ公演には、歌う、読む、する、遊ぶ、踊るなどが含まれます。これらのコンテンツは、北京のオペラ俳優を訓練するための基本的な科目でもあります。 昆腔(Kūnqiāng:中国の古典的な舞台演劇である戯曲の楽曲の曲調や演奏法、歌い方などの体系の1つ)とそのドラマ構造(旦dàn、丑chǒu、生shēngなどの役割)は、他のドラマにも借用されています。 「牡丹亭(Mǔdān tíng):明代の劇作家湯顕祖の代表作」と「长生殿(chángshēng diàn):中国の南方系の楽曲を基調とした古典戯曲の傑作」は伝統的なレパートリーになっています。 クンクのオペラ公演には、ゴング、ドラム、ストリングス、フルート、フルート、シェン、ピパ、その他のオーケストラやパーカッションの楽器が伴います。 クンクオペラのダンスムーブメントは、主に2つのカテゴリーに分けられ、表現力に富んでいます。

Kunqu Opera
Kunqu Opera is one of the oldest opera types in China, which originated in the Ming Dynasty (14th-17th century AD). The singing of Kunqu opera has a strong artistic quality, and it has a huge influence on all kinds of dramas in modern China, such as Sichuan opera and Peking opera. Kunqu opera performances include singing, chanting, doing, playing, dancing, etc. These contents are also basic subjects for training Peking opera actors. Kunqiang and its drama structure (the roles of Dan, Chou, Sheng, etc.) are also used for reference by other dramas. “Peony Pavilion” and “Eternal Life Palace” have become traditional repertoires. Kunqu opera performances are accompanied by gongs, drums, strings and flute, flute, sheng, pipa and other orchestral and percussion instruments. The dance movements of Kunqu Opera are mainly divided into two categories, with rich expressive power.